法律事務所かなめは相続問題・交通事故問題・労働問題などのお悩みを解決します

相続専門

かなめの重点分野

  • 相続について
  • 交通事故専門
  • 介護分野専門
  • 中小企業顧問
  • COMPANY TANK 2016年1月号
  • 法律事務所かなめがs掲載されました

法律事務所かなめは、「事前の相続対策」に強い法律事務所です!

法律事務所かなめは,「人の想いを大切に」をモットーに
「事前の相続対策」に特化したリーガルサービスを提供しております。

全く対策を行っていない方へ

相続対策の必要性
「うちは仲が良いから大丈夫だ。」
「対策しないといけないほどに財産はない。」
「いつか遺言書は作成しようと思っているけど、まだ先のことだし。」

残念なことに、様々な理由から事前の相続対策を先延ばしにされる方がたくさんおられます。しかしながら、およそ現代社会において相続対策をしなくても良い方はほとんどいません。これは数多くの相続案件に携わる中で得た私たちの実感です。

「あの兄弟はあんなにも仲が良かったのに今では絶縁状態になっている。」「うちには資産が無く相続問題とは無縁だと思っていたけど、残された不動産を分けるだけでこんなにも揉めるなんて。」という声をよく耳にされませんか。このような争いは「事前の相続対策」を行うことで未然に防ぐことが可能です。

事前の対策を済ませた方へ

相続対策の必要性
最近、各種メディアで相続対策の重要性が喧伝されたことも手伝って徐々に相続対策を行う方も増えてきております。しかしながら、「間違った相続対策」の数も同時に増えております。

例えば、私が今まで携わったケースでは、
  • せっかく作成した遺言書が法律的に無効であったケース
  • 節税対策のみ意識して相続対策がなされており、遺産の分割の場面で深刻なトラブルに発展したケース
  • 遺言書は存在するもののごく一部の遺産についてのみ分割方法が記載してあり、その他の遺産の分割方法については全く言及していないようなケース
など、枚挙に暇がありません。

相続対策にあたって、皆さまに最低限意識して頂きたいことは、
相続対策には ①分割の問題 ②節税の問題 の2つの側面があるということです。

せっかく対策をされるのであれば、一度は専門家のアドバイスを受けましょう。法律事務所かなめは、税理士・司法書士・不動産鑑定士・行政書士等種々の専門家とチームを組み、一つの案件に携わります。皆さまにとって最適なサービスをご提供いたします。

「法律事務所かなめ」はここが違う!

法律事務所かなめのスタイルは、「徹底的に依頼者様のお話を聴く」という点にあります。
面談(電話も含む)は少なくとも4回、聴き取りするお時間は合計優に5時間は超えます。
なぜ、面談する回数が少なくとも4回なのでしょうか。
その理由は、人は信頼関係を構築するためには少なくとも4回は接触する必要があるからです。信頼関係の構築なしに最適な相続対策は実現できないと考えております。

また、なぜ聴き取りに5時間以上かけるのでしょうか。
その理由は、実に単純なのですが、それだけ時間がかかるからです。
人にはそれぞれ「歴史」があり、誰しもが特別な人生を送っておられます。私たちは、それぞれの時代背景、育った地域、育った家庭環境等々、その人を形成している様々な事象に耳を傾けます。その中で「想い」を聴き取り、形にしていくこと。
それこそが本来の相続対策だと私たちは考えます。

より良い相続対策の実現に向けて,徹底的にお付き合いさせて頂きます。