記事公開日: 2022年7月12日   
記事更新日: 2022年8月25日

【理不尽なクレーム事例から学ぶ】カスタマーハラスメント実践対応オンラインセミナー(参加無料/参加者特典あり)

【理不尽なクレーム事例から学ぶ】カスタマーハラスメント実践対応オンラインセミナー(参加無料/参加者特典あり)
  • ツイート
  • シェア
  • はてブはてブ
  • LINEで送る
  • Pocket
介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!
介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!【TEL】06-6361-2200介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!

弁護士法人かなめ運営の「かなめ介護研究会」で開催する今回のセミナーは、「【理不尽なクレーム事例から学ぶ】カスタマーハラスメント実践対応セミナー」のテーマで、オンライン(Zoom)の無料セミナーです。

 

【1】「カスタマーハラスメント(カスハラ)」 テーマを選定した背景について

 

あなたの働く介護事業所に、「職員に暴言を吐いたり暴力を振るう」、「無理難題や言いがかりをつける」、「体を触ってきたり義務のないことを要求する」ような利用者や利用者の家族はいませんか?

近年、顧客からのハラスメント、いわゆる「カスタマーハラスメント(カスハラ)」の問題は深刻化しており、特に介護事業者に対するハラスメントについては、「介ハラ」「ケアハラ」と名が付くほど無視できない問題となっています。

介護事業所の利用者の方の多くは、認知機能に問題があったり、身体が不自由な方であることから、職員としても、その要望を無視できず、さらにハラスメント行為を我慢しなければならないと考えがちです。

しかしながら、利用者や利用者家族からのハラスメント行為を放置すると、円滑な介護事業所の運営が妨げられ、対応を迫られた職員の方が精神を病んでしまうこともあります。

そして、介護事業所は、職員に対して安全配慮義務を負っていますので、利用者や利用者家族からのハラスメント行為を認識しながら放置したことで、職員が精神疾患を発症したような場合、損害賠償義務を負う可能性もあります。

さらには、厚生労働省が令和2年6月1日に出した「事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針」(令和2年厚生労働省告示第5号)では、事業主は、顧客等からの著しい迷惑行為(暴行、脅迫、ひどい暴言、著しく不当な要求等)により、その雇用する労働者が就業環境を害されることのないよう、雇用管理上の配慮をすることが望ましい旨定められ、「カスタマーハラスメント」への適切な対応をすることが急務であることが明らかとされています。

 

【2】このセミナーに参加いただくメリット

 

このセミナーにご参加いただくことで、以下のようなメリットがあります。

  • カスタマーハラスメントの定義やその見分け方を知ることができる
  • カスハラの具体的な事例を知ることができる
  • カスタマーハラスメントへの対応方法のポイントを押さえることができる
  • カスハラ問題を放置した場合の事業所の責任について知ることができる
  • カスタマーハラスメントを防止するための方法のヒントを得ることができる

 

今回のセミナー講師を担当する弁護士法人かなめの「畑山 浩俊」です。

介護業界におけるカスタマーハラスメント問題は年々深刻化しており、弊社の顧問先からの相談も増加する一方です。

 

そこで今回のセミナーテーマを企画しましたので、現在問題を抱えていらっしゃる介護事業所の方はもちろん、まだカスハラ対策を実施されていない方は、是非、今回のオンラインセミナーに参加してみてください。

 

実際のカスタマーハラスメントの事例をもとに対応についてなどを解説しています。セミナーの参加申込みについては、以下よりお申し込みいただけます。

 

セミナーの参加申込み方法はこちら

 

 

1.セミナーのテーマ

 

今回の「かなめ介護研究会」のセミナーテーマは、以下の通りです。

 

【理不尽なクレーム事例から学ぶ】カスタマーハラスメント実践対応セミナー(講師:弁護士 畑山 浩俊【弁護士法人かなめ 代表弁護士】)

 

 

2.このセミナーはこんな方におすすめ

 

今回の「カスタマーハラスメント」テーマのセミナーは、以下のような介護事業者の方におすすめです。

 

  • カスタマーハラスメントの基礎知識を得たい方
  • カスハラの具体的な事例を知りたい方
  • 現在カスタマーハラスメントへの対応に悩んでいる方
  • カスハラを防止するために、事業所を上げて取り組みたいと考えている方

 

3.セミナーの参加対象者

 

介護事業所の経営者、管理者など、介護事業所を運営される立場の方

 

4.「カスタマーハラスメント」テーマのセミナーでお話する内容

 

今回のセミナーでは、以下のような内容についてお話する予定です。

 

  • カスタマーハラスメントとは?
  • 実際のカスハラ事例のご紹介
  • カスタマーハラスメントを放置すると何が起こるか?
  • 弁護士法人かなめの弁護士による実際のカスハラ対応例のご紹介
  • 終わりに(アンケートご協力のお願い&参加者特典のご案内)

 

5.【参加者限定】セミナー参加特典のご案内

 

弁護士法人かなめが運営する「かなめ介護研究会」のセミナーでは、ご参加いただいた介護事業所の方に参加者特典をご用意しています。

 

特典1:弁護士による無料の個別相談会

「かなめ介護研究会」のセミナーにご参加いただいた初回の法人様限定で、「弁護士による個別相談会(無料/30分)」をご利用いただけます。

 

※現在、カスタマーハラスメントの対応や防止対策などでお困りの方は、是非ご利用ください。

 

特典2:顧問弁護士サービスの無料の個別相談会

「かなめ介護研究会」のセミナーにご参加いただいた法人様で、弁護士法人かなめの顧問弁護士サービス(かなめねっと)に興味をお持ちいただいた方は、「顧問弁護士サービスの個別相談会(無料)」をご利用いただけます。

 

※「現在、顧問契約している弁護士がいるが、カスタマーハラスメントの対応に精通していないので新しい顧問弁護士を探している」

※「新しく顧問契約をして、しっかりカスタマーハラスメント対策について取り組みたいと考えている」

上記のような方は、「顧問弁護士サービスの個別相談会」を是非ご利用ください。弁護士法人かなめの顧問弁護士サービスについて、具体的なサービス内容はもちろん、これまでの実績紹介、顧問プラン、所属弁護士の紹介、またサービスに関するご質問などについてもご回答させていただきます。

 

6.「過去のセミナー参加者の声」を一部ご紹介

 

これまで「カスタマーハラスメント」テーマのセミナーにご参加いただいた事のある方の感想を一部ご紹介いたします。

セミナーの参加をご検討中の方は、参考にご覧ください。

 

参加者Aさん

大変わかりやすく、とても興味のある内容ばかりでした。リーダー職になって家族への謝罪やクレーム対応が増えており、知識を持ちたいと考え参加しました。謝罪のこと、秘密録音のこと、対応指針のことなど知らないことがたくさんあり大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

参加者Bさん

先生の介護職員に対する熱い思いが伝わり涙が出そうでした。さすがYouTubeをされているだけあって話し方がお上手で引き込まれました。

 

参加者Cさん

「なるほど」と思うことが多くありました。職員を守る為に検討していこうと思います。

 

 

7.講師紹介

セミナー講師 畑山 浩俊(弁護士法人かなめ 代表弁護士)

講師:弁護士 畑山 浩俊(弁護士法人かなめ 代表弁護士)

 

講師プロフィール

・所属:

第一東京弁護士会

 

・略歴:

ー奈良県立畝傍高等学校卒業
ー関西大学法学部法律学科卒業
ー東北大学法科大学院修了(法務博士)

 

・セミナー講師実績:

ー長野県社会福祉協議会主催「介護事業所が知っておくべきカスタマーハラスメントの対処法」
ー㈱高齢者住宅新聞社主催「介護事業所が知っておくべきカスタマーハラスメントの対処法」
ー福井市介護サービス事業者連絡会主催「事例で学ぶカスハラ研修」
―あいおいニッセイ同和損保主催「福祉事業者が備えておくべきカスハラへの組織対応実践研修」

 

等、講師実績多数

 

8.「カスタマーハラスメント」セミナー開催概要

 

今回のセミナー開催情報は以下の通りです。

 

開催日時

 

第一回:2022年8月25日(木)13:00〜 ※終了しました

第二回:現在準備中です。

 

開催方法

 

オンライン(Zoom)セミナー

 

参加費

 

無料

 

参加特典

 

  • 特典1:弁護士との個別相談会(無料/30分)※初回の法人様限定
  • 特典2:顧問弁護士サービスの個別相談会(無料)

 

9.セミナー参加申込み方法

 

今回の「【理不尽なクレーム事例から学ぶ】カスタマーハラスメント実践対応セミナー」の参加申込みは、以下より参加申込みお願い致します。

 

※第二回は開催準備中です。

 

「弁護士法人かなめ」のお問い合わせ方法

介護事故、行政対応、労務問題 etc....介護現場で起こる様々なトラブルや悩みについて、専門の弁護士チームへの法律相談は、下記から気軽にお問い合わせください。
「受付時間 午前9:00~午後5:00(土日祝除く)」内にお電話頂くか、メールフォーム(24時間受付中)よりお問合せ下さい。

介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!
介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!【TEL】06-6361-2200介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!

介護業界に特化した経営や現場で使える法律セミナー開催情報

介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」運営の法律メディア「かなめ介護研究会」

弁護士法人かなめが運営する「かなめねっと」では、日々サポートをさせて頂いている介護事業者様から多様かつ豊富な相談が寄せられています。弁護士法人かなめでは、ここで培った経験とノウハウをもとに、「介護業界に特化した経営や現場で使える法律セミナー」を開催しています。セミナーの講師は、「かなめ介護研究所」の記事の著者で「介護業界に特化した弁護士」の畑山が担当。

介護施設の経営や現場の実戦で活用できるテーマ(「労働問題・労務管理」「クレーム対応」「債権回収」「利用者との契約関連」「介護事故対応」「感染症対応」「行政対応関連」など)を中心としたセミナーです。

弁護士法人かなめでは、「介護業界に特化した弁護士」の集団として、介護業界に関するトラブルの解決を介護事業者様の立場から全力で取り組んで参りました。法律セミナーでは、実際に介護業界に特化した弁護士にしか話せない、経営や現場で役立つ「生の情報」をお届けしますので、是非、最新のセミナー開催情報をチェックしていただき、お気軽にご参加ください。

最新の法律セミナー開催情報はこちら

介護事業所に特化した法務サービス「かなめねっと」のご案内

介護事業所に特化した法務サービス「かなめねっと」

弁護士法人かなめではトラブルに迅速に対応するためチャットワークを導入しています。他にはない対応力で依頼者様にご好評いただいています。

「かなめねっと」では、弁護士と介護事業所の関係者様、具体的には、経営者の方だけでなく、現場の責任者の方を含めたチャットグループを作り、日々現場で発生する悩み事をいつでもご相談いただける体制を構築しています。

法律家の視点から利用者様とのトラブルをはじめ、事業所で発生する様々なトラブルなどに対応します。 現場から直接、弁護士に相談できることで、社内調整や伝言ゲームが不要になり、業務効率がアップします!

「かなめねっと」のサービス紹介はこちら

この記事を書いた弁護士

介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」運営の法律メディア「かなめ介護研究会」

畑山 浩俊はたやま ひろとし

代表弁護士

出身大学:関西大学法学部法律学科卒業/東北大学法科大学院修了(法務博士)。
認知症であった祖父の介護や、企業側の立場で介護事業所の労務事件を担当した経験から、介護事業所での現場の悩みにすぐに対応できる介護事業に精通した弁護士となることを決意。現場に寄り添って問題解決をしていくことで、介護業界をより働きやすい環境にしていくことを目標に、「介護事業所向けのサポート実績日本一」を目指して、フットワークは軽く全国を飛び回る。

この記事とあわせて読むべき関連記事

介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!
介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!【TEL】06-6361-2200介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!介護業界に特化した「弁護士法人かなめ」に今すぐ相談はこちら!
【介護版】かなめ情報局×Chatworks「チャットメルマガ」 【介護版】かなめ情報局×Chatworks「チャットメルマガ」

【介護版】かなめ情報局は、セミナー情報や耳寄りな情報等、「弁護士法人かなめ」の目線から発信して参ります。皆様に良質な情報をしっかりお届けしますので、どうぞ宜しくお願いします!

【介護版】かなめ情報局の
無料登録はこちら