介護業界の重要な起点となり、
最適なリーガルサービスを提供

要(かなめ)とは、扇の末端にある骨を留めるための金属のことであり、そこから派生して、物事の最も重要な点、起点という意味でも用いられるようになりました。

私たちも、依頼者様の重要な起点となり、信頼できる仲間を束ね、最適なリーガルサービスを提供できるよう、「法律事務所かなめ」という名前を付けました。
「弁護士」と「依頼者」という形式的な関係ではなく、依頼者様の心を、そして「人」と「人」との繋がりを大切にし、依頼者様にとって、ひいては社会全体にとっての重要な起点となろう、それが「法律事務所かなめ」の想いです。

そのような想いから、法律事務所かなめのロゴには、「心」という文字を隠しました。
また、人との繋がりを大切にするとの想いから、「かなめ」の中に「+」を入れました。
そして、ロゴに迷路を組み込み、困っている依頼者様を解決へと導くことが我々弁護士の使命であることを表現しました。

ロゴデザイン/安川 紗世氏

Lawyers group to
improve the care scene

介護現場をより良くする弁護士集団

全人的な取組みを通し、介護事業所を
取り巻く環境をより良いものにし、
ひいては、介護に携わる
すべての人々の幸せに貢献したい。

介護事業所の皆様をサポートさせて頂くにあたって、最も重要なことは「現場を知る」ことです。行政との関係、スタッフ間の関係、ご利用者様やそのご家族との関係等、現場では様々な問題が同時に発生します。我々、法律事務所かなめ一同は、そのような現場の声に寄り添いながら日々活動しています。

Message

介護事業所向けに特化した法務サービス

かなめねっと

ChatWorkを利用した「かなめねっと」で介護に携わるすべての人々の幸せに貢献します。

法律事務所かなめは、法律のプロフェッショナルとして、介護事故に関する先例の分析を行い、介護事業者様に対する損害賠償請求に対し、迅速に対応致します。

Service
法律事務所かなめ

かなめ交流会

労働判例ゼミ

お問い合せ

TOP