News平成31年4月18日 第16回かなめ交流会を開催しました。

平成最後のかなめ交流会を飾っていただいたのは、魔法大学の学長の宮下友彰さん。

宮下さんは、感動創出のスペシャリストとして、とことん感動を伝えることだけを追求している31才の天才です。

ロジカルに意味を追求することが正しいというムードが支配している現代社会に疑問を感じ、とことん楽しむという『価値』の創出にこだわり、活動している宮下さん。

大人が真剣にマジックを学べる学校として、魔法大学を設立し。様々なエグゼクティブが殺到し、設立から一か月未満で、約30名も入学しています。

「あたらしい仕事の作り方」というテーマで佛教大学にて講演をするなどその活躍は社会から注目を集めています。

『楽しそうにしている』宮下さんの放つ磁力に、多くの人が惹きつけられているのです。

まさにトムソーヤの物語を地で行く男です。

今回のかなめ交流会は、言語化できない宮下さんの魅力を存分に『体感』してもらうチャレンジングな会でした。
自身の想いを爆発させた宮下さんの講義には、称賛の嵐でした。
最高に熱い空間になったことを心から嬉しく思います。
宮下さん、参加してくれた皆様、本当にありがとうございました!

次回もご期待ください!


かなめ交流会

労働判例研究ゼミ

お問い合せ

TOP