News立命館アジア太平洋大学の出口治明学長の講義を受けてきました。

2019年10月12日、立命館アジア太平洋大学の出口治明学長の講義を受けてきました。

『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)を読んだ上で出てきた疑問を直接出口先生に聞くことができる貴重な機会でした。

民主主義とICTの技術革新による「社会の分断」という現象に直面した今だからこそ、改めて「世界」を丸ごと理解する必要があるのではないか。

これが本書を記した動機とのことです。

昔の人がどうやって世界を理解し、人々を救おうとしたかを勉強することが、今の世の中を生き抜くために必要な「教養」なのだと思います。

是非読んでみて下さい。

https://www.amazon.co.jp/dp/4478101876

貴重な機会を下さった創志塾の米井さん、谷口さん、ありがとうございました!


かなめ交流会

労働判例研究ゼミ

お問い合せ

TOP