News『介護特化型弁護士による契約書完全理解講座』というセミナーを開催しました。

2019年11月21日、宮崎県にて、『介護特化型弁護士による契約書完全理解講座』というセミナーを行いました。

介護事業所が使用している契約書、重要事項説明書、個人情報使用同意書の多くは別の事業所の書式をコピー&ペーストしており、誤った条項が意図せず広まっている現状にあります。

法的な間違いもさることながら、ご家族との関係を考慮したときに削除した方が好ましい文言、追記した方が良い文言が多々あります。

契約書チェックをしている際に気付く点を徹底解説するセミナーでしたが、参加者からは「契約書にこのような意味があるなんて知らなかった」、「セミナーで指摘された点のほとんどが自社で使用している契約書に当てはまることだった」と評価の声をいただきました。

契約書のリーガルチェックを受ける機会はあまりないと思いますが、様々な落とし穴があります。介護事業に詳しい弁護士によるリーガルチェックを受けることをお勧めします。


かなめ交流会

労働判例研究ゼミ

お問い合せ

TOP