Staff Interview 01スタッフインタビュー Yさん

きっかけはお声をかけていただき
法律事務所かなめの一員になりました。

リーガルスタッフ かなめ歴4年

Yさん

入社前の印象と入社後の印象は?

1年と9ヶ月で独立された先生方。
面接時も良い意味で本当に弁護士!?と思わせていただいたほど、私が抱いていた弁護士のイメージとは一味違い、そこには見たこともないエネルギーが満ち溢れていました。私も一緒に働きたいなと感じました。先生方の印象は入所前後で変わりません。事務所自体でいうと、 私自身が設立間もなくのメンバーでしたので、土台作りが非常に重要だなと、心の準備をしていました。色々採決していただく事が多く、時間がかかるだろうな、と思っていましたが、先生方はフレキシブルに対応なさってくださったので色んな事がスムーズに進んでいきました。

普段されている業務内容は?

多岐にわたりますね、、
お客様のご案内や書面の確認や書証の作成、弁護士会や法テラスへ提出する書類の作成。文献調査、請求書発送、裁判所や郵便局、銀行などの外回りなどなど。
お客様より素敵なお心遣いをいただきますので、果物を切ったり、魚を焼いたり!?もします。

職場の雰囲気はどんなかんじですか?

とても良い雰囲気です。まず先生方が本当に優しい。
忙しいはずなのに、声をかければ手を止めて、こちらの話を聞いてくださったり、秘書の好みの話を持ちかけてくださり、コミュニケーションを取ってくださいます。
美味しいものも買ってきてくださいます(涙)秘書同士も食いしん坊が多いので、お菓子を分け合ったり、楽しい話を共有したりして、私にとっては、働く仲間が日々向き合う仕事の癒しになっています。
ありがとう!が飛び交う素晴らしい職場です。

以前の職場との違いはどんなところですか?

先生方がこれでもかというくらい褒めてくださいます。絶対的な秘書の失敗でも、自分の指示が悪かったと謝ってくださいます。
以前も前職で私は法律事務所で事務員をしていましたが、ありもしない失敗を事務員のせいにされることが多かったので、これには本当に驚きました。

かなめの魅力は?

皆が仲が良いこと。
仲が良すぎて、言いたいことが言えないという雰囲気でもありません。間違った言動はすぐに話し合いの場を設けてくださり、とことん話をします。
N弁護士とは、半期に一度、思ってることを吐き出してほしいと、同じ女性目線で話しやすい場を作ってくださり、ランチをしています。私にとっては本当に有り難く有意義な時間になっています。
弁護士に関しては、自分は弁護士だという奢った姿勢を一切見せない、出さないのがとてもカッコ良いなと思っています。相手(私たち秘書)に対して、思いやりを持って接してくださります。そういった弁護士という立場を超えた人間としての対応が一個人として惹きつけられ、そして働きやすい環境へとつながっているのではと感じています。

秘書も、自分だけよければいいという考えを持った人がおらず、常に相手そして全体のことを見渡し、行動していて、楽しい職場作りを心がけてくださっています。皆、とても素晴らしい人達です。
かなめのお父さん的存在Y弁護士と代表のやりとりは漫才を見ているように滑稽で、毎日嫌でも口角が上がります。
新たにかなめに入ってくださった男気溢れるM弁護士の方言?も最近は笑いの種になっています。N弁護士、、ジム開始なるか!!?(どうか、いつまでも健康でいてください。)
お料理上手な後輩やプライベートもキレキレな趣味をお持ちの同僚。
愛溢れるかなめファミリーを是非覗きにいらしてください!

かなめでのやりがいは?

秘書はお客様との接点が少ないので、依頼者様のためになったという感情は多少はありますが、それよりかは、大好きな職場法律事務所かなめの役に立てた事が嬉しいですね。あとは、どんな時も信頼してくださること。
それが仕事の励みになります。

就業後や休日の過ごし方は?

私は体を動かすことが好きなので、ジムに行ったり、友人とご飯へ行ったりしています。
旅行も好きなので、色んな場所へ出かけています。

将来の目標は?

法律事務所かなめの皆さんと一緒に、努力を重ね、想像を超える景色をみること。
法律事務所かなめの一員として、何が求められ、何をしなければならないか、一つ一つの仕事やイベント(法律事務所かなめでは、合宿やバーベキュー等のイベントがたくさんあります♪)と丁寧に向き合い、自分自身成長していきたいです。
あとは、違った角度からお役に立ちたいと考えています。家で良くお抹茶を飲むので、月一でお茶会を設けて、お茶を立て、日々の疲れが少しでも和らいでほしいです。
また、紅茶の勉強もして(紅茶には体に良い効能が多々あります)、かなめの中でこちらも月一で喫茶店を開きたいなぁなんて考えています(笑)

Interviewその他のインタビュー


かなめ交流会

労働判例研究ゼミ

お問い合せ

TOP